【その他】デブ専パパ活してしまっていた

私は恋人探しのため25歳の時に「ペアーズ」での彼氏探しがうまくいかずマッチング系には見切りを付けて出会い系サイトに登録したことを以前つづりましたが。


過去の男性について、語ってない男性が何人かいます。その中の一人の男性についてお話します。



名前はスーさんです。歩くとき後ろに手を組んで、スーっと背後から近づいてくるからスーさん。年齢は59歳です。不妊治療の末授かった娘さんが一人いて、その娘さんは家を出て海外で彼氏さんと暮らしているそうです。







私は彼氏探し(婚活)のために出会い系マッチングサイトも利用し始めましたが、そのサイトの中にはヤリモク男性や援助交際(パパ活)を望むおじさんも多くいて、40~60代までの男性からメッセージがよく来ていました。


私が以前紹介した出会い系マッチングサイト5つの内アダルト色が強い4番目の「ハッピーメール」と5番目の「イククル」の2サイトが特にそういった男性が非常に多いです。



「ホ別イチで会えませんか?」



「大人の関係希望しています」



「条件は何ですか?」



「私とイチゴでデートしてもらえませんか?」



なんだか生々しいですが、ホ別1というのはホテル代別で一万という意味です。イチゴでデートと言うのは1.5万で男性とデートの意味です。私はこのようなものには応じたことがないので、実際についてはわかりません。ホテルや大人の関係という文字が入ってれば肉体関係を求めてきている男性です。



私のプロフィールの体型には「太め」を選択していてもこんなのが来ます(汗)逆に考えればデブ専男子?(デブ専おじさん)が多いということでしょうか。それとも、太っていても年下女性なら気にしないってことなのか、それはよくわかりません。ただし、ほとんどが40代以上の男性でした。



そういった男性のプロフィールの特徴は、ほとんどの項目が未設定になっていて、既婚者か独身男性かもわからない男性が多くいます。そのような男性はプロフィール写真も載せていません。写真はメッセージにのっけてくる人もいます。



登録当初、なんとなく想像はしていましたが、出会い系マッチングサイトってこういったことも普通にやり取りされている所なんだと、男性からのメッセージで体感しました。私はそういうのには興味はありません。



そんな出会い系の中で真面目なおじさんのスーさんについて綴ります。



デブ専の男性を求めて


私がなぜ、出会い系マッチングサイトに登録したのかというと、デブ専の男性の彼氏を探すためです。私はぽっちゃりデブ体型にコンプレックスを持っています。だから、男性のプロフィール項目の一つに相手に求める具体的な条件(体型や年齢)がはっきり載っている、出会い系を選びました。



他にもこっちの出会い系の方が私には利点がありました。それは、マッチングアプリのようにお互いがイイネを送り合って初めてメッセージのやり取りができるのとは違い、男性とサイト内で直でメッセージを交換できます。マッチング系でなかなかマッチングできない私にとっては出会い系の方が合っていました。


ヤリモク男性やパパ活している子を探してる男性がいるのは、仕方ないことだと思いますが、それでも私にとってはこちらの方がメリットがありました。



確かにヤリモク男性が多いのは否定できませんが、真面目な出会いを探している男性も多くいます。でも真面目な警戒心の強い女性は少しでもアダルト色があるこういった出会い系での恋人探しは避けたがりますが、男性の思考は女性のそれとは違うのだと思います。



真面目な男性でも、こういったのは気にしないのかもしれません。男性は出会い方にこだわっていないという感じに見えます。私自身も出会い方については拘りを捨てているので、最初の頃よりは出会い系も慣れました。それに、真面目な男性とも実際に出会えていたので、一概に、出会い系にいる男性は真面目じゃないというのは言い切れないと思いました。


マッチング系アプリでの失敗


婚活(彼氏探し)を始めた最初の頃は恋活マッチンアプリのマッチング系でぽっちゃり女子とのコミュニティに参加している男性陣にアプローチしていましたが、ほとんどマッチングせず、したとしてもメッセージがこない状態でした。無料で男性にいいねを送れるのは毎月30回だけ。



これじゃ、いつになったら男性とメッセージができるのかもわからないので、出会い系サイトに飛び込びました。安全面については当初は心配もありました。ですが仮に多少のリスクあったとしても、今の状態を抜け出したいという思いの方がその当時は強くありました。




身体目的の男性やパパ活探しの男性


私の利用目的には「恋人・友達」となっているのにそれでも、ヤリモク男性やパパ活探しの男性からメッセージが来ます。なのでそれからは、プロフィールには「真面目な男性を探している」「真剣な出会いを求めている」旨を書きました。それでヤリモク男性やパパ活狙いのいやらしいおじ様たちからのメッセージを阻止しました。



男性は1通メッセージを送信するごとに料金(1通50円くらい)が発生します。おそらく男性たちは私にメッセージしてもお金の無駄だと思ったのだと思います。そういったメッセージを送ってくる男性はほとんどいなくなりました。



それでも中にはアダルト目的でメッセージを送ってくるおじ様もいます(困)たぶん、私のプロフィールをちゃんと読んでいないのかもしれません。その場合は、スルーしていました。



私はその時25歳です。パパ活って言葉は知っていましたが、そういうのって都内の女子大生や女子高生なんかがやるものだと思っていたので田舎に住んでいる社会人でデブの私には関係ないものだと思っていました。




スーさんとの出会い

私は登録してキーワード検索でデブ専の男性を探し出し、ひたすら足跡をつけていきました。おそらくその時に、デブ専のスーさんのプロフィールに足跡を残したのだと思います。スーさんの場合は「ふくよか」のキーワードでヒットしたのだと思います。


スーさんの方からメッセージが来ました。スーさんのプロフィールには「ふくよかな女性が好き」とか「美術館や博物館に行くのが趣味」とか書かれていたのであまり深く考えることもせずスーさんのメッセージに返信しました。


スーさんの利用目的の項目には「趣味友達・メッセージ交換」とありアダルトな目的は一切ありませんでした。他のおじさんたちのメッセージやプロフィールとは全く違いました。


メッセージではお互いの歩んできた人生のことについてやり取りしていました。スーさんは東北地方出身で大学が都内でそのまま関東のメーカーに就職したとか、そういった話です。


すーさんから「お茶でもどうですか?」と言われて私も喜んでと返信しました。最初の頃は恋人探し以外の男性とは会わないでいましたが、送ってくれた写真のスーさんがなんだか人が良さげな方だったのでOKしました。



スーさんとお茶

スーさんは隣県在住で、こちらに来る予定があるというのでお茶をご一緒しました。私は年が近い男性よりもお父さんぐらいの年齢の方のほうが話しやすい感じです。


職場だと、年配の男性ばかりだったのでそのせいもあるかと思います。スーさんとは美術館の近くの運動場の駐車場で待ち合わせしました。


私が駐車場についてメッセージをするとスーさんは既に駐車場にいるとのこと、私が探して駐車場を歩いているとプリウスから出てきた白髪交じりの細身の男性に「こんにちは」と声を掛けられました。スーさんです。


挨拶を済ませてスーさんの車でコーヒーショップへ。そこでスーさんにアイスコーヒーとパンケーキみたいなやつをご馳走になりました。


そこでいろいろと話をしていて、スーさんのご家庭のことを知りました。なかなか子供に恵まれなかったことや、その娘さんは今海外で暮らしている話や奥さんが亡くなられた話など。そのあとは繁華街に行き二人で歩いて見て周りました。


たぶん、周りから見たら男女がデートをしているというよりも親子で買い物に来ているように見られていたと思います。


スーさんは下品な話とか一切してきません。スーさんは純粋に誰かと一緒に歩きたかっただけなのかな~とか思っていました。


いろいろ見て周ってランチも一緒にして帰る際にスーさんが財布を取り出してお金を出してきました。



悲しいお金

スーさんから「これは気持ちだから受け取って欲しい」と言われ、私は戸惑いながらも断りました。


このスーさんの行動を見たとき、出会い系サイトってこういった女性が多いというのは調べていたので知っていましたが。そのスーさんの姿がとても悲しく感じてしまいました。


そんなことをしなくともスーさんとは会うし、お金が欲しくてスーさんと会う約束をしたのではないのに。本当にリアルに悲しかった。スーさんが真面目な男性だったから、余計かもしれません。


お金は受け取れないので、次会うときは、おいしいものをごちそうしてくださいと言って、今日は別れました。


あれっ?これってパパ活?

あれから何週間後かにメッセージが来て「今週末フラワーパークに行くけれど、一緒にどうですか?」と誘われてOKをして会った時にスーさんからピンクゴールドの足首に巻くアクセサリーを渡されました。


私がお金は受け取れないと言ったから、貴金属にしたのかなと思いました。私は普段から装飾品は身に着けないんですよと話して、断ろうかとも思いましたが、スーさんに説得されて、いただくことにしました。


申し訳ない気持ちもありましたが、初めて男性から頂いたものだったので素直に気持ちを伝えました。


そのあともスーさんと交流が続き、会う度にアクセサリーやを渡されました。結局は私もパパ活をしてしまっていたということです。



たぶん、ここまで申し訳ないという気持ちになったのはスーさんだったからだと思います。これが独身のデブ専女好きの中年男性だったら違ったのかもしれません。


出会い系はそういう男性がウジャウジャいます。スーさんは本当に例外でした。スーさんとは、今も繋がっていますが。本当の娘のように接してくれるスーさんは、本当に好きです。




でも、




本当にこの関係を続けてしまっていいのか今もわかりません。





これで、スーさんとの話は終わりです。





最後まで読んでくださり
ありがとうございました。


私が登録しているマッチングサイトでパパ活してる男性が一体どのような募集をしているのかを調査してみました。「食事パパ」や「恋人パパ」が提示している金額なども調べました。真面目な女性は見ない方が良いかも↓↓

>>パパ活してる男性のプロフィールを調査





それと私が実際に利用しているマッチングサイトです↓デブ専男子を探して婚活(彼氏探し)をしている私が各サイトをどのうような男性から、どのようなメッセージが来るのかを実際のメッセージのスクショ画像でまとめて行ってます(←まだ途中)。私と同じデブ専男子をさがして婚活されている女子にはサイト選びの参考になるかと思います。↓↓


>>デブ専男子探しのマッチングサイト5つ


>>【デブ専婚活】デブ専男子を探す方法



アコの婚活記録へ戻る

PCMAX女性無料(男性はメール時課金制)