【家族が欲しい50代】養子縁組という選択

親しい友人もいないし親も先立ち私独り。特に趣味があるわけでもない、この先の人生このまま寂しく生きていくのかな。もうこんな望みも叶いそうにない50代だけどできるなら「家族が欲しい」。


そう思われていませんか。この記事ではそんなあなたにこの先、寂しくないように3つの方法を紹介したいと思います。


その方法を先に述べますと、






1.養子縁組で家族を作る

2.裕高年層の方と婚姻関係を結ぶ

3.生涯を共にする仲間を見つける





の三つの方法があります。


それぞれについて解説していこうと思います。



その前に「家族が欲しい」と思われる理由を深く掘り下げて考えてみましょう。


なぜ?50代で家族が欲しい理由

・両親が亡くなって一人残された後のことを考えてしまった

・独身で両親とも死別し孤独を感じている

・職場と家の往復で出会いや人とのつながりがない

・子供も独立し親元を離れて一人暮らしで寂しい

・仕事を優先にし家族を作るタイミングを失った


考えられる理由はいろいろとあるかもしれませんが。もしもあなたが家族がいないことに孤独感や寂しさを感じているのなら、自ら出会いの場に出向くべきです。そして幸せのために行動をお取りになってみるべきです。



年齢も「40代だから」、「50代だから」、「60代だからもう手遅れだ」とか、「億劫で」、「行動する元気がない」という理由で、この先の人生も「子供が欲しい」と思いながら生きていたいですか。


自分の未来は自分から切り開かなければ幸せを掴むことはできません。これから先、10年後20年後と歳を重ねた時、「あのとき、あーしておけばよかった」「行動をしておけば良かった」と後悔することは想像つきます。


もう、幾十年と生きてきて後悔されてきたことはたくさんあるのではないでしょうか。今行動を取らなければ再び10年後も後悔なされていると思います。



これから紹介する方法はあんたの人生に価値を与えてくれるものです。どうか行動を起こされますよう、私もあなた様を応援させていただきます。


【方法1】養子縁組で家族を作る

家族が欲しいと言ってもある程度、年齢を重ねてしまうと赤ん坊を養子に迎えるのは難しいですよね。50代で養子に迎えても子供が成人になるまで元気で過ごせるかも心配ですし養親が定年を迎えてしまえば経済力も心配になってきます。


しかし、20代前半くらいの青年を養子にするなら迎えられやすいのではないでしょうか。世の中には、児童養護施設で成人まで育ち親の愛情を受けてこなかった人たちがいます。そんな心に穴が空いている子たちも実際にいるんです。


養子縁組は幼い子供と組むだけでなく、成年の方とも養子縁組を組めるんです。あなたのような「家族が欲しい」という方と「親の愛情」を知らないで育った青年の方たちを結びつけるサービスが存在しています。


それは、「MILK/GREEN(ミルクグリーン)」というサイトです。このサイトでは養子を迎えたい方、養親を探している方が登録しており、有料ではありますが、そんな方たちのツナギ役を担っているのがミルクグリーンというサイトです。



では、そのサイトではどのような募集や投稿がされているのでしょうか、私と一緒に見ていきましょう。


養子養親の紹介事例①

一番最初の養親を求める事例は、20歳前半の女性です。この方は0歳の頃から児童養護施設で育ち、両親の愛情に触れたことがなかったことが登録された動機だったそうです。養護施設を出てからはお金のかからない任期制の自衛隊に入隊してお金を貯めながら大学に行くこと目指している方でした。



登録された動機・希望進路等=
0歳の頃から児童養護施設で育ってきた為に母親、父親という存在にずっと憧れがありました。なので、おかえりと暖かく迎えてくれる本物の家族のようになれる方を探しに登録しました。

引用元 MIKL/GREEN(養子養親紹介)

養子養親の紹介事例②

2例目は、20代半ばの男性です。この方は既に自立し社会人となっていますが、幼いころ母親からの虐待を受け、父親も実子には無関心という育児放棄(ネグレクト)をされ親の愛情を知らずに育ったそうです。

将来は家庭を持ちたく子供を持ちたいそうなので、孫の顔も見れるかもしれませんね。投稿されているのはどの子も「親へ抱く憧れ」があります。幼少期に受けられなかった親からの愛情を。子供は、青年になっても抱えながら生きて行ってるんですね。



登録された動機・希望進路等=
あまり望まれずに生まれました。ぼくが生まれる前の両親はとても仲が良かったそうですが、予期せずぼくができたため結婚してからは、行き違うことが多く不仲になり離婚しました。

母から受けていた虐待を考慮され消去法で父に引き取られましたが、父は僕には無関心な人だったため、一般的な家族や親がどういうものか知ることができないまま今に至ってしまいました。

ぼくは、将来自分の家庭をもちたいと思っていますが、親がどういうものかわからないぼくが人並みに普通の親になれるとは思えず、とても心許なく感じています。自分の子どもには、ぼくと同じ思いは絶対にさせたくありません。

こんな歳なっても親というものに抱く憧れを捨てきれず、養子にとってくださる方を探したいと考えました。

学費などの金銭支援は必要ありません。一緒に生活するかどうかなどについても、お互いの状況と希望に合わせて決めていいけばいいと思っています。セクシャリティや既婚・独身も問わないです。

大それた夢は特にありません。平凡で並な人生が送れたらそれで十分です。

引用元 MIKL/GREEN(養子養親紹介)

養子養親の紹介事例③

こちらの事例は親側の投稿事例です。子宝に恵まれず50代を迎えたご夫婦が養子を切望している投稿でした。子供を持つためにいろいろやってきたことが登録された動機を読んでもわかります。



登録された動機・その他自己紹介=
結婚27年の公務員の夫(50歳)をとても愛しています。また仲良く楽しく暮らさせて頂いておりますが、子供が欲しい子殿と一緒に暮らしたいという想いをずっと持ち続けてきました。

里親会に入会し里親になったり、54歳で卵子提供で妊娠しても赤ちゃんがお腹の中で心臓が止まってしまったり、今まで子供に恵まれませんでした。私たち夫婦の子供に、養子になってくださる人にめぐり会いたいと切望しております。

子供になってくださったかたが、一生幸せで、生まれてきた喜びと希望にあふれた人生であり、毎日であるように願っております。

また私達夫婦も、日々明るく、親切な人、世の中のお役に立つヒトでありたいと前向きに陽気に暮らせて頂いております。

引用元 MIKL/GREEN(養子養親紹介)

この世には家族を欲しがっている成年や中高年の方がいます。家族を欲しいと思っていてもこのような紹介サービスを知らない人たちも多くいらっしゃるのだと思います。

あなたがこの記事に辿り着いたということは、あなた自身が家族を持つことを切に願っているのだとお見受けられます。この記事がどうかお役に立てることを願っています。


【方法2】中年熟年の方と婚姻関係を結ぶ

家族が欲しい中高年の方たちが家族を持つ2つ目の方法は、人生の伴侶となる奥様または旦那様を持つことです。「もうこんな年齢だし、今さら結婚というと無理ががあり前向きに進めない。」そう思われている方もいらっしゃると思いますが。


家族が欲しいと思われている中高年の方はあなただけではありません。その多くの方があなたと同じように一歩を踏み出せないでいます。しかしその中でも、本気で「家族が欲しい」と思われている40代、50代、60代の方が実際に行動を起こしています。


あなたの年齢であなたの知らない場所では、「家族を探す行動」を取っている方は多くいらっしゃるのです。では、どのように行動を取っているのでしょうか。それは、中高年・熟年の方専用のお相手探しサービス「華の会ブライダル」というサイトです。


ここでは30~75歳の男性女性の方たちが登録しており結婚相談所の数十万円もするような高額な費用を支払わなくても、相手を探せるサービスです。そして、女性は無料で利用できますので、女性にとってはとても利便性のあるサービスと言えます。


男性については登録は無料ですが、利用はポイント制で数千円程あればお相手の女性とお会いすることも可能です。男性は女性とのメールのやり取りでポイントを消費するので、お食事にお誘いするなりして約束を取り付け、そちらでメールアドレスや電話番号を交換して、他の連絡手段を得られれば、それ以降は利用料をかけずに済みます。


良い方とお会いできれば結婚も視野にお付き合いをすることもできますので、家族を持ちたいと考えている中高年層の方にのってはとても良いサービスだと思います。


家族となられるお相手をお探しの方は


ご登録はこちら↓からお入りください


※利用者は30歳以上限定ですので50代の方しかいないわけではありません。利用会員年齢は30~75歳です。女性は登録も利用も無料ですので是非登録してみることをおすすめします。



もし養子縁組を望んでいる方でもこちらで伴侶となる方を見つけることで、その後、成年の養子を迎え家族を形成することもできますし、幼い子供を家族に迎えたいのなら、成年の養子をお迎えし、その息子娘さんが結婚したならお孫さんのお顔も見られるはずです。


【方法3】生涯を共にする仲間を見つける

続いての方法は家族を作ることではなく、これから迎える60代、70代と人生で生きて行くための友人や仲間を探すことを目的とし、これからの人生を寂しいものにしないための方法です。


家族を得るわけではありませんが、家族と同等の価値を共有する生涯の仲間を見つけることが大切と思います。実際に、中高年齢層の方が登録しているコミュニティ(共同体)「華の会メール」というサイトがあります。


年齢層は30歳~75歳までの方が登録されており、いろいろな出会いを求めている人たちが登録されています。あなたと同じように、50代だけど「家族が欲しい」と願っている方たちも多く情報交換や、喜びや苦しみを分かち合う仲間を探しています。


・メール友達
・趣味の友達
・飲み友達
・恋人
・結婚相手


以上のようなあなたにあった仲間を自宅に居ながら探せるので大変便利ですし、女性は登録も利用も無料ですので、女性にとってはとてもおすすめできるサービスです。男性はポイント制でポイントを購入し、そのポイントを消費してお相手をお探しするシステムです。



今50代だとしてもまだまだ人生は長いです。これからの人生をより良いものにするために、あなたと同じ事由や環境の方たちと分かち合うことはとても素晴らしいことです。


是非、ご登録してみてください。ご登録は下のリンクを押してもらえばページが開きます。


もし登録の方法がわからなくても、登録代行というものがあるのでサポートしてもらいながら利用ができることができます。サポート体制が整っていることがこのサービスサイトの一番の利点です。


最初は登録するのに手間取るかもしれませんが、これからの人生が幸せになっていくと思えば何楽できてしまいます。



良い方や良い仲間とお会いできることを私も応援しています。


まとめ

最後に50代で家族が欲しい人のための解決方法をまとめておきます。


・手の掛からない成年との養子縁組をする

・中高年層の専用のサイトでお相手を探す

・残りの人生を共にする仲間を見つける


以上です。


いかがでしたか。今だ認知度が低く、多くの人に知られていない養子養親紹介サイトや中高年層専用のコミュニティサイト。あなたと同じ悩みを抱えている人がそのサイトを介して出会うことができます。


あなたの人生がこれから先、幸せでありますよう応援しております。



最後までお読みいただきありがとうございました。