【家族が欲しい寂しい】私が婚活する理由


他人の幸せそうな家庭を見るだけで寂しくて心が辛い。「家族が欲しい寂しさ」が心の底から染み出てくる。その気持ちをどうしたらいいのか悩んでるあなたに伝えたい。私も今同じ気持ちになっているから。これが、あなたの助けになることを願って。



私は今婚活をしているアラサー女性です。なぜ私が婚活をしているのか、一度立ち止って考えようと思いました。今日は私のことについて少し話そうと思います。婚活について再び考えようと思ったきかっけは最近知り合いの家族のお宅を訪問した時、家族アルバムを見せてもらったことでした。その家族写真を見たとき私は、心の底のほうから以前抱いていた気持ちがよみがえってきました。それは「家族が欲しい」という気持ちと「寂しい」という気持ちです。



なぜ私は「家族が欲しかった」のか


おそらく今思えば私は他の女性よりもその「家族が欲しい寂しい」という気持ちがかなり強かったのかもしれません。だから家族に対する憧れや心の中に家族が不在の寂しさがよみがえってきたのだと思います。今私は婚活をしていますが、なんで結婚したかったのか、なんで家族が欲しかったのか、婚活の目的が婚活を始める前と後では変わっていることに気が付きました。今は経済的な将来の不安から婚活をしている状況です。だから男性に求める経済力はとても大事だと思っていました。最近は判断材料としてお相手の経済力ばかりに意識が行っていたように思います。


でも最初婚活を始めようとしたのは寂しいと感じていたからだったのを思い出しました。私が婚活を始めた理由は寂しい気持ちから抜け出したかったからです。じゃあ、その寂しいって気持ちは私の場合どこからきているのだろう。



「家族が欲しい寂しい」という気持ちは幼少期からきていた


私は次女なのですが、まだ私が1歳の頃、母は脳出血で倒れ病院に搬送されたそうです。母は後遺症で半身不随になりました。私が知っている母は最初から片手片足が動かないのが普通で、私が高校1年生の時までは体が不自由な母をかわいそうだという目で見たことはなく、かわいそうだという気持ちも一切ありませんでした。母自身から体が不自由なのを苦にする表情も言葉も聞いたことがなかったことも一因かもしれません。


私は「家族が欲しい」という気持ちが強いのは母や父との思い出が少なかったからだと思います。父は仕事で忙しく、仕事が終われば母の負担を少なくするために料理や洗濯などの家事を手伝っていました。子供の頃は私はテレビを視ているか一人で遊ぶことが多かったです。私は、テレビドラマやアニメで見るような家族の愛情を幼いころから受けてきていなかったのは確かです。母や父からの暖かさに触れられていなかったという気持ちが私にとって「家族が欲しい寂しい」という気持ちにつながりその気持ちが強固なものになっていったのだと思います。私の「家族が欲しい」「寂しい」という気持ちは幼少期からきているのだと思うのです。

「家族が欲しい寂しさ」の原因は?



あなたがこのブログに行き着いてこれを読んでいるということは、あなた自身も何か過去に「寂しい」と感じる理由が過去にあるのではないでしょうか。その理由はなんなのか過去を振り返ってみてください。



長女だと理由で親に甘えられず我慢していませんでしたか?


子供時代両親共働きで寂しい思いをしていませんでしたか?


片親環境で育ち家で一人寂しい思いをしていませんでしたか?




いずれにしてもその理由は育った環境が寂しさを生み家族を欲していた可能性があります。もしもあなたが家庭環境での愛情の欠如が原因なら下記のような思いをしたことはありませんか。



他人の暖かい家庭を見るだけで羨ましい



なんだかそんな私がみじめに思えてしまう



それがすごく寂しくて、辛い



もしもそう思ったことがあるのなら、それはきっと家庭に問題があったか若しくは親からの愛情が足りずに成長し心に穴が空きながら大人となり今でもその穴が埋まらずにいる証拠です。


その気持ち、私も良くわかります。幸せそうな家庭を持っている人を見るのが本当に辛いんですよね。他の人の幸せそうな家族の話を聞いてるだけで耳をふさぎたくなる。そんな独りぼっちの自分がみじめで恥ずかしい。



もし、そんな気持ちを消せるならどんなに楽か。


「寂しい」気持ちをどうやったら消せる?


結論から言うとそれは思い切って家族を持つ」ことでしか消せる方法はないと思います。気持ちを一時的に忘れ去ったりごまかしたりすることはできても、ふとした時にその気持ちはよみがえってきます。買い物に行けば仲の良い子連れの夫婦が目に入ってしまい過去から来る寂しさのフラッシュバックが起こり、あなたは寂しい気持ちに再び苦しみます。

でも、一時的に寂しい気持ちを紛らわせたり和らげることはできます。


「寂しい」気持ちを紛らわせるにはどうしたらいい?

寂しさを紛らわせるなら2つの方法が効果的です。一つ目は、犬や猫などのペットを飼うことです。犬は特にあなたを必要としあなたに愛情を与えてくれます。2つ目は、趣味に没頭することです。楽しいことに打ち込んでいるときは人間は負の気持ちを忘れやすくなるからです。


「家族が欲しい寂しい」という気持ちが強い人にとっては家族を作る以外に寂しさを消すなんて不可能に近い。私が当初婚活を始めたのも、そもそものきっかけは寂しさからでした。



寂しさ消すために家族を持つための行動は?

家族を持ちたいならすぐにでも婚活を始めるべきです。婚活と言っても結婚相談所や婚活パーティーにいきなり参加や登録しなくても、まずはマッチングサイトから始めてみると良いでしょう。女性なら登録費も利用料もお金はかからないですし、登録手続きも身分証明と自動音声の電話番号確認だけなので面倒なこともなくすぐに婚活を始められます。


↓私自身が婚活している体験をつづっています。


>>アコの婚活記録




私はお金に余裕がなかったのでマッチングサイトからスタートしました。マッチングサイトなら男性とメールのやり取りから始められるので自宅にいながら婚活ができます。


そこで男性と出会っていく内に寂しさも薄れていきますよ。私がそうでしたから。


私が利用しているマッチングサイト下記にまとめてあります。


>>女性が利用できる「安全なマッチングサイト」5選


まとめ



●家族が欲しくて寂しい人は過去に原因がある場合も
●寂しさの原因は親からの愛情の欠如や孤独感
●寂しい気持ちを消すには思い切って家族を作る
●寂しさを紛らわせるならペットを飼うか趣味を見つける